​【研心会館とは】

研心会館は横山和正館長により、1988年にアメリカテキサス州にて発足されました。横山和正館長が、空手発祥の地である沖縄で学ばれた小林流の空手の稽古、およびその普及に努めています。
近年ではヨーロッパでもセミナーが開かれるなど、その活動は世界中に広まっています。
横山和正館長の逝去後は、意志を受け継いだ矢口誠師範が代表に就任し、研心会館の発展に奔走しています。
​・横山和正館長の系譜
横山和正館長系譜
・横山和正 館長

​【稽古内容】

​基本始まり型など沖縄小林流の伝統的な稽古から、護身術や組手までおこないます。また、昇級するにつれ古武道(武器術)を学ぶ事が可能になります。
◆基本(突き・受け・蹴り)
◆基本型
◆基本組手
カキエ(掛手)
◆夫婦手
◆型
  • ナイファンチ(初段~三段)
  • ピンアン(初段~五段)
  • パッサイ(小、大)
  • クーサンクー(小、大)
  • チントウ
  • 五十四歩
◆型分解
◆護身術
◆組手
◆古武道
  • ヌンチャク
  • トンファー
  • 釵(さい)
  • 櫂(かい)