• 管理人

6月4日(土)渋谷道場稽古会

今日もビッグミットを始め大荷物を持って渋谷まで。成田から通ってた頃に比べたら今はだいぶ楽だけど、荷物が多いと電車は大変。稽古場に武器やミット類を稽古場に置いておければなぁ…いやこれも修行ですね!

・基本突き受け

いかに体幹の力を出すか、いかに体重が使えるか。肩甲骨・体の締め・股関節・姿勢。まずは丁寧にそして速く強く!!


・ビッグミット蹴り(前蹴り・回し蹴り・前足前蹴り・回し蹴りからワンツー)

・ビッグミット突き(順突き・逆突き・近距離逆突き)

・ビッグミット肘打ち


・カキエ3種類

腕を伸ばす事に意識がいきがちですが、接触している部分のセンサーを残しつつも体幹の力、体重を相手に伝えられるかが大事。


・型(ナイファンチ初段、ピンアン初段)

ゆっくり一つ一つの動きに力が出るように姿勢を作る。


・組手(順突き、逆付き、前蹴り・回し蹴り、一本組手、10秒組手)


型などで培った力を、動きの中、当てた時にいかに出せるか、要研究ですね!


沖縄小林流空手道古武道研心会館HP

研心会館では共に稽古する仲間を募集しています!興味のある方は是非HPもご覧下さい




閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昇段審査を翌日に控え、本日は渋谷での稽古! ・基本突き受け蹴り、基本型 横山和正館長に近づくにはどうすればいいのか? 今年はそんなことを考えて、稽古をする事が多いです。 何故"瞬撃手"と呼ばれるほど速く強く、そしてその突きや受けは重いのか?それらを両立させるにはどうするのか、腕の使い方?姿勢?基本から一つ一つ検証。 館長への道は遠い、けど研心会館の稽古を深めることで近づけるはず。そのためには一つ一

すっかり月に1回が定着してきた古武道稽古会。 ここ数回ヌンチャクに時間を割く事が多かったので、今回は棒を中心に稽古を組み立てました。 ・基本突き受け 武器を持っても身体の使い方の基本は一緒。 まずは徒手での基本の突き受けで、空手の身体感覚を呼び起こしておきます! ・棒: 袈裟打ち、振り打ち、すくい打ち ・棒: 踏み込んで袈裟打ち、袈裟打ち→下がって猫足小手返し、袈裟打ち→下がって裏棍横打ち ・棒: