• 管理人

6月18日(土)渋谷道場稽古録 古武道稽古会

すっかり月に1回が定着してきた古武道稽古会。

ここ数回ヌンチャクに時間を割く事が多かったので、今回は棒を中心に稽古を組み立てました。


・基本突き受け

武器を持っても身体の使い方の基本は一緒。

まずは徒手での基本の突き受けで、空手の身体感覚を呼び起こしておきます!


・棒: 袈裟打ち、振り打ち、すくい打ち


・棒: 踏み込んで袈裟打ち、袈裟打ち→下がって猫足小手返し、袈裟打ち→下がって裏棍横打ち


・棒: 2人1組での稽古。

相手に袈裟打ち→すくい打ち

姿勢や立ち方の変化による力の違い確認

上段受け・下段受けでの移動


・棒: 型(普及型1, 周氏の棍)


・サイ: 基本(四股足立突き、サイの振り、受け、かけ受け)


・サイ: 移動 (追い突き、移動上げ受け下段受け突き×2)


・サイ: 型 (普及型1,2, 伝統型1)


・ヌンチャク: 振り数種類


・ヌンチャク: 基本型


時間が足らなくヌンチャクが駆け足になってしまった💦


古武道を徒手での空手の稽古と別物と考えず、徒手の延長として古武道の稽古をすると新たな発見があり楽しい!

館長のような切れ味に近づくのはまだまだ遠いけどね!稽古あるのみ!


また来月も古武道稽古会出来るようしていきたいと思います!武器は楽しいなー男のロマン!!

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

本日は矢口代表講習会! 矢口代表だけでなく副代表や代表補佐からも指導をいただける貴重な稽古です。 普段指導する側になっていると、どうしても視野が狭くなったり自分の感覚での指導となってしまいますが、学ぶ側になってまた新たな気づきを得る事が出来ます。 自身のアップデートには自身の探究だけではなく、指導いただく事も大事ですね! ・約束組手 接近した状態からのワンツーからのコンビネーション。 上下への打ち

今日は体の中心を使うことへ意識をおいた稽古を色々とやってみました。全力で稽古するのはもちろん!でも意識するところはおさえつつ、徐々に無意識に落とし込められるといいですね。(私もまだまだですが…!) ・基本突き受け 中心からの突き、中心への引き手 ・ビッグミット蹴り 前蹴り、回し蹴り、前足前蹴り ・雑誌巻藁突き 中心を意識した突きでの変化 ・基本型1-3 身体の中心から突き受け 猫足立ちの姿勢 ・カ

本日はハロウィン前日ということで渋谷は物凄い人でした。我々は仮装ではなく稽古の正装として道着を着て稽古です! ・基本突き、受け 身体の中心から突き、引き手も中心に引く ・前蹴り、回し蹴り、横蹴り 回し蹴り特訓、軸足の回転と上半身を連動させて蹴る! ・身体の切り返し考察 横山和正館長が言われていた身体の切り返し、何かの話の延長で話題となり皆で考察。沈身、胸椎、身体の軸・中心を使う? その中である動き