• 管理人

6月18日(土)渋谷道場稽古録 古武道稽古会

すっかり月に1回が定着してきた古武道稽古会。

ここ数回ヌンチャクに時間を割く事が多かったので、今回は棒を中心に稽古を組み立てました。


・基本突き受け

武器を持っても身体の使い方の基本は一緒。

まずは徒手での基本の突き受けで、空手の身体感覚を呼び起こしておきます!


・棒: 袈裟打ち、振り打ち、すくい打ち


・棒: 踏み込んで袈裟打ち、袈裟打ち→下がって猫足小手返し、袈裟打ち→下がって裏棍横打ち


・棒: 2人1組での稽古。

相手に袈裟打ち→すくい打ち

姿勢や立ち方の変化による力の違い確認

上段受け・下段受けでの移動


・棒: 型(普及型1, 周氏の棍)


・サイ: 基本(四股足立突き、サイの振り、受け、かけ受け)


・サイ: 移動 (追い突き、移動上げ受け下段受け突き×2)


・サイ: 型 (普及型1,2, 伝統型1)


・ヌンチャク: 振り数種類


・ヌンチャク: 基本型


時間が足らなくヌンチャクが駆け足になってしまった💦


古武道を徒手での空手の稽古と別物と考えず、徒手の延長として古武道の稽古をすると新たな発見があり楽しい!

館長のような切れ味に近づくのはまだまだ遠いけどね!稽古あるのみ!


また来月も古武道稽古会出来るようしていきたいと思います!武器は楽しいなー男のロマン!!

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昇段審査を翌日に控え、本日は渋谷での稽古! ・基本突き受け蹴り、基本型 横山和正館長に近づくにはどうすればいいのか? 今年はそんなことを考えて、稽古をする事が多いです。 何故"瞬撃手"と呼ばれるほど速く強く、そしてその突きや受けは重いのか?それらを両立させるにはどうするのか、腕の使い方?姿勢?基本から一つ一つ検証。 館長への道は遠い、けど研心会館の稽古を深めることで近づけるはず。そのためには一つ一

11日はSさんとマンツーマンでの稽古でした。 黒帯2人での稽古なので、普段やらない細かい事をやったり、色々と実験に付き合ってもらいました。ありがとうございました! ・基本突き受け 姿勢、股関節、床反力、脱力を意識して速く強く!! ・回し蹴り特訓! 軸足の回転と腕の引きに意識を置いて蹴る ミットに打つ、その場での蹴り、回し蹴り移動、突きとのコンビネーション。色んな状態での回し蹴り。 ・ビッグミット蹴