• 管理人

5月21日(土)渋谷道場稽古録 Houston道場生徒との合同稽古!


先月Houston道場のBrandon支部長より、5月にHouston道場の生徒2人が日本に行くと連絡を受け、日程上渋谷道場の私のクラスで合同稽古をすることとなりました。連絡を受けてドキドキすること1か月、ついに21日土曜日にその日を迎えました!


稽古に参加したHouston道場のNicolasとMatthiue、まだ10代ながら研心会館の稽古歴は既に10年!2人とも想像以上の実力!

横山和正館長、そしてBrandon支部長の下で真摯に稽古を積んだということがよく分かりました。若い世代に館長の空手が受け継がれているという事が分かりとても嬉しい!きっと横山館長もNicolasやMatthiueの成長を喜んでいるのではないでしょうか。

稽古は代表補佐の矢口大輔先生の鎌かな指導もあり、2人にとって刺激になる稽古ができたのではないかなと思います。


また日本に来るときは是非稽古に参加してほしいですね。私もHouston道場に行って共に稽古をしたいという気持ちが強まりました!


こんな国際交流があるのも研心会館の魅力の一つ、これも横山和正館長の残してくれた大きな財産ですね。国は違えど今後もお互い刺激しあい成長できる関係を築きたいです!😆


・基本突き、受け

・蹴りの移動

・巻藁突き

・基本型

・カキエ


・基本組手


・基本組手応用投げ


・型

ナイファンチ初段

ピンアン初段

パッサイ小



やりたい事はたくさんあったけど、残念ながら時間終了。もっともっと2人と稽古をしたかったですね。また次回が楽しみです!

閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昇段審査を翌日に控え、本日は渋谷での稽古! ・基本突き受け蹴り、基本型 横山和正館長に近づくにはどうすればいいのか? 今年はそんなことを考えて、稽古をする事が多いです。 何故"瞬撃手"と呼ばれるほど速く強く、そしてその突きや受けは重いのか?それらを両立させるにはどうするのか、腕の使い方?姿勢?基本から一つ一つ検証。 館長への道は遠い、けど研心会館の稽古を深めることで近づけるはず。そのためには一つ一

すっかり月に1回が定着してきた古武道稽古会。 ここ数回ヌンチャクに時間を割く事が多かったので、今回は棒を中心に稽古を組み立てました。 ・基本突き受け 武器を持っても身体の使い方の基本は一緒。 まずは徒手での基本の突き受けで、空手の身体感覚を呼び起こしておきます! ・棒: 袈裟打ち、振り打ち、すくい打ち ・棒: 踏み込んで袈裟打ち、袈裟打ち→下がって猫足小手返し、袈裟打ち→下がって裏棍横打ち ・棒: