• 管理人

5月15日(日)渋谷道場稽古録 古武道稽古会・自主稽古そして反省!

更新日:6月10日

本日は会場を2コマおさえて前半古武道稽古会、後半は自主稽古会!!


前回の古武道稽古会から間隔を空けずに開催出来たので、忘れないよう前回の復習をメインに行いました。


・ヌンチャク

基本の振り10種類

移動: 直突き、袈裟打ち、袈裟打ち+直突き

基本の型1


・サイ

基本の突き・受け

追い突き

移動しながら受け

後屈立ち上段受け、下段受け、突き×2

相手をつけてサイの打ち合い(八の字立ち、四股足立ち)

約束組手2種

普及型1、2


・棒

基本の振り(袈裟打ち、水平打ち、すくい打ち、8の字棒回し)

移動稽古(袈裟打ち、水平打ち、すくい打ち、寄り突き)

相手をつけて受け(上段受け、上段内受け・外受け、中段内受け・外受け、下段内受け・外受け)

型: 周氏の棍


しかし、色々とやりたい稽古をガッツリやりきるために自主稽古会の時間も使ってしまい、3時間ほどの古武道稽古会に💦


これまでも稽古後に自主稽古をする事はあったので、大丈夫だろうと思っていたのですが、古武道は武器の重みもあるからか疲労度が違う!


その結果、私含めみんな自主稽古時にはヘロヘロに…これでは満足いく自主稽古も出来ません。やり過ぎました…猛省します!


沖縄小林流空手道古武道研心会館HP

研心会館では共に稽古する仲間を募集しています!興味のある方は是非HPもご覧下さい



閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昇段審査を翌日に控え、本日は渋谷での稽古! ・基本突き受け蹴り、基本型 横山和正館長に近づくにはどうすればいいのか? 今年はそんなことを考えて、稽古をする事が多いです。 何故"瞬撃手"と呼ばれるほど速く強く、そしてその突きや受けは重いのか?それらを両立させるにはどうするのか、腕の使い方?姿勢?基本から一つ一つ検証。 館長への道は遠い、けど研心会館の稽古を深めることで近づけるはず。そのためには一つ一

すっかり月に1回が定着してきた古武道稽古会。 ここ数回ヌンチャクに時間を割く事が多かったので、今回は棒を中心に稽古を組み立てました。 ・基本突き受け 武器を持っても身体の使い方の基本は一緒。 まずは徒手での基本の突き受けで、空手の身体感覚を呼び起こしておきます! ・棒: 袈裟打ち、振り打ち、すくい打ち ・棒: 踏み込んで袈裟打ち、袈裟打ち→下がって猫足小手返し、袈裟打ち→下がって裏棍横打ち ・棒: