top of page
  • 執筆者の写真管理人

4月30日(土)渋谷道場稽古録 古武道稽古会

GW期間中の今回の稽古は武道稽古会。今回もサイ・ヌンチャク・棒の稽古です。


・ヌンチャク

基本の振り10種類

移動: 直突き、袈裟打ち、袈裟打ち+直突き

伝統型1


腕が疲れてしまう前に、1番コントロールが難しいヌンチャクを稽古。当たるのを恐れて中途半端な振りになるより、しっかりと勢いよく振る方がヌンチャクの軌道が安定して安全です。


・サイ

基本の突き・受け

移動: 追い突き

移動: 後屈立ち上段受け・下段受け・突き×2

相手をつけてサイの打ち合い(八の字立ち、四股足立ち)

約束組手2種(片方のサイで相手の武器を押さえて、もう片方のサイで攻撃)

普及型1

伝統型1


サイの重さに引っ張られて姿勢が崩れないように。普段の徒手で生み出してる力にサイの重みが加わるようにする。


・棒

基本の振り(袈裟打ち、水平打ち、すくい打ち)

移動稽古(袈裟打ち、水平打ち、すくい打ち、寄り突き)

相手をつけて受け(上段受け、中段外受け、下段外受け)

刀に対して棒でどう攻めるかの検証

型: 周氏の棍


両手で扱う武器のためサイやトンファーのように、空手の徒手の動きそのままには使えませんが、力の生み出し方は一緒。様々な打ち方や受けの動きに慣れてきたら、体幹からしっかりと棒を振れるようにするとよし!中々自主練がしにくい武器なので、しっかりと時間を設けて稽古したいですね😄



今回荒井先生が振り鎌を持参して稽古をされました!鎌に通した紐を振ることによって鎌を振るというこの武器は古武道の中で1番危険!

ヌンチャクの名手である荒井先生だからこそ挑戦できる武器ですね。私が扱うにはあと30年かかりそう…。


・以下のURLは横山和正館長のアメリカでの振り鎌の演舞(しかも目隠し!)です。是非ご覧ください。

https://youtu.be/FmHg4OBXOfs




研心会館では共に稽古する仲間を募集しています!興味のある方は是非HPもご覧下さい。

閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年7月3日(水)東京渋谷道場稽古録

7月水曜コースの研心会館東京渋谷道場は、武器術サイ強化月間 ラン、ストレッチで体温を上昇、そして研心会館の基本、突き、受け、蹴り、で体を慣らす。 そして月初は基本を重点的にチェックします。 往復移動の基本型で力の出し方を学び、基本組手で、本日はポジショニングの確認に重点を置く。 次にミット稽古、追突きをミットに突き込む。 大学伝統空手部OBの会員たちは卒業後30年以上経つにもかかわらず慣れたもの、

【復活】2024年6月30日(日)東京渋谷道場稽古録

1年以上ぶりのブログとなってしまいました。 この一年間の間に、稽古は変わらず続けながらも管理人自身は家を建てたり、引っ越したりと人生の大きな分岐を迎えておりました。 現在は群馬から毎週末渋谷に通って稽古をしております! 群馬での生活も落ち着きそろそろブログも復活せねばと思いながら時間が経過してしまいましたが、ようやく復活です!今後ともよろしくお願い致します! さて復活第一回となる6/30の稽古は古

4月22日(土)渋谷道場稽古録

本日は久々の午前中からの稽古。 本日は姿勢にフォーカスを当てて稽古。姿勢の変化で突き蹴りがどう変わるか。2軸での技のときの姿勢の影響。 身体の一部の変化が動き全体の変化へと繋がります。速く強く撃つためにも土台となる姿勢をつくることが大事! 後半は姿勢を意識してナイファンチ3つとピンアン5つをひたすら稽古! 普段午後の枠で3時間近く稽古してるので2時間はあっという間の感覚😄💦 お疲れ様でした!

コメント


bottom of page