top of page
  • 執筆者の写真管理人

3月19日(日)渋谷道場稽古録

今回は前回の矢口代表講習会復習Day!! 時間をかけて皆で復習をすると発見や、新たな疑問が出てきて楽しかったです。


・基本

四股足立ち突き

ナイファンチ立ち受け

今日はまず突きをして、突き終わったところから受けへと変化させる練習、さらにそこからの受けの練習。夫婦手に繋がる動きですね。



・ワン・ツー・スリー 

ミットをつけてワン・ツー・スリー

同じリズムでワン・ツー・スリーを様々なバージョンで。

さらに夫婦手をつかったワン・ツー・スリー(突きから受けへの変化)

前手の払いの使い方の違いよる変化


・両手で掴まれた状態からの打ち

今回は時間をかけて皆でタイミングや打ち方などを意見し合いながら。


・サイ

代表から指摘を受けた箇所を復習。


前回皆で型をやってるときに代表が「型で戦って!」とおっしゃっていたのですが、とても良い言葉だなと思いました。型は間違えないように上手くやろうとしてしまいがち、しかし型は演舞にあらず。身体操作などももちろん大事ですが戦う気持ちで型をやることで自然と速く強くなりますし、戦いの場での技の集合である型を使うためには必要な意識ですね!

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

4月22日(土)渋谷道場稽古録

本日は久々の午前中からの稽古。 本日は姿勢にフォーカスを当てて稽古。姿勢の変化で突き蹴りがどう変わるか。2軸での技のときの姿勢の影響。 身体の一部の変化が動き全体の変化へと繋がります。速く強く撃つためにも土台となる姿勢をつくることが大事! 後半は姿勢を意識してナイファンチ3つとピンアン5つをひたすら稽古! 普段午後の枠で3時間近く稽古してるので2時間はあっという間の感覚😄💦 お疲れ様でした!

4月8日(土)渋谷道場稽古録 古武道稽古会

今回も13時から先に黒帯会。 アドバンスの型をやり込み。クーサンクー小、チントウ、クーサンクー大、五十四歩。 まだまだクーサンクー大と五十四歩は技が曖昧なところがあります‥。 14時から古武道稽古会! □棒 ・その場基本 袈裟打ち、水平打ち、すくい打ち、下段打ち 下段打ち→袈裟打ち 腕だけで振らない、脇を締めて全身を使って振れるように ・移動 袈裟打ち、水平打ち、すくい打ち 移動時の棒の持ち替えが

Comments


bottom of page