• 管理人

3月16日(水)渋谷道場稽古録

更新日:3月30日

水曜日は荒井先生ご指導の稽古会。

本日は5名のメンバーが参加!


・基本突き受け

・基本型1,3,4


基本型では荒井先生から重心が上がらないようにするためのアドバイスをいただきました。


重心が上がらないようにするぞ!という意識づけだけだと普段の体のクセなどで勝手に上がってしまいがちですが、今回荒井先生からご指導いただいた方法はシンプルながら身体を強制的に沈めて体重を落とす事が出来るし、スピードも自然と上がるので威力も上げる事が出来ます。

これは色んな事に応用が出来そうだなー!


ここからは基本組手と組手稽古メンバー二組に分かれて稽古。


・基本組手1〜6


荒井先生が色々とご指導されていたけど聞けず残念…!!


・組手稽古色々


突き蹴りに対する受け、受けからの返し、一本組手、最後に軽い自由組手。


テコンドー、合気道経験者のEさんは、蹴りは鋭いし、組まれると極められそう、技の引き出しが多くで強い!!



・型(ナイファンチ1〜3・ピンアン1〜5全部)


・締めにバックランジ&プランク


1時間半みっちりと濃い稽古でした!



沖縄小林流空手道古武道研心会館HP

研心会館では共に稽古する仲間を募集しています!興味のある方は是非HPもご覧下さい。

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

本日は4名での稽古!怪我をしてしばらく休まれていたTさんも久々に参加!嬉しい限りです😆 ・基本突き受け ・蹴りの移動 蹴りの後の姿勢が適当にならないように、次の動きを意識。 ・基本型1-3 基本型2番の猫足立ち内受け・下段受けの際の体重移動をしっかりと意識して技を出す! ・雑誌巻藁突き 鍵突き、引き手で体を回してしまわないこと。(力が流れてしまう) ・追い突きに対して各種受け(移動しながら) ・

GW期間中の今回の稽古は武道稽古会。今回もサイ・ヌンチャク・棒の稽古です。 ・ヌンチャク 基本の振り10種類 移動: 直突き、袈裟打ち、袈裟打ち+直突き 伝統型1 腕が疲れてしまう前に、1番コントロールが難しいヌンチャクを稽古。当たるのを恐れて中途半端な振りになるより、しっかりと勢いよく振る方がヌンチャクの軌道が安定して安全です。 ・サイ 基本の突き・受け 移動: 追い突き 移動: 後屈立ち上段受

週末の稽古は参加者3名、今回はまた水曜日の復習的な稽古で、姿勢を意識した稽古をしました。 ・基本突き受け ・蹴りの移動 蹴り終わりの姿勢を意識 ・猫足立ちの移動(手刀受け、下段諸手手刀受け、下がって外受け) 身体が余計に開いたり、捻ったりしないように両肩正面のまま。 体重を真下に落とす。 ・追い突き 突きに引っ張られて身体が開かないように 両肩正面のまま真っ直ぐ進んで踏み込みと同時に突きを打つ ・