top of page
  • 執筆者の写真管理人

2月2日渋谷道場稽古録

更新日:2022年3月30日

本日は荒井先生の代理で私が指導してきました。水曜日のクラスを指導するのは初!今回は私が普段指導するメンバーとは異なる人が多かったので新鮮でした。


・基本突き、受け

肩甲骨をしっかり動かして拳の先端だけでなく腕全体を使うように。


・蹴り

参加メンバー皆柔軟性がとても高く、伸びのある蹴り!(私が1番硬い…)


・基本型

前に進も後ろに下がるも姿勢を常に意識!

姿勢が力を生み出します!


・型(ナイファンチとピンアン色々)

型は1回目はゆっくり、一つ一つ全力で。二回目は最初の号令だけで各自最後まで。周りの人に影響されず自分のペースでかつ速く強く型を打つことが大事。

姿勢、立ち方、腕の角度など、いかに全身の力が入る状態になっているか常に意識していきましょう😄


時間があっという間に過ぎて、時間が足らない!稽古のペース配分難しい…でも濃い稽古が出来ました。





閲覧数:44回0件のコメント

最新記事

すべて表示

4月22日(土)渋谷道場稽古録

本日は久々の午前中からの稽古。 本日は姿勢にフォーカスを当てて稽古。姿勢の変化で突き蹴りがどう変わるか。2軸での技のときの姿勢の影響。 身体の一部の変化が動き全体の変化へと繋がります。速く強く撃つためにも土台となる姿勢をつくることが大事! 後半は姿勢を意識してナイファンチ3つとピンアン5つをひたすら稽古! 普段午後の枠で3時間近く稽古してるので2時間はあっという間の感覚😄💦 お疲れ様でした!

4月8日(土)渋谷道場稽古録 古武道稽古会

今回も13時から先に黒帯会。 アドバンスの型をやり込み。クーサンクー小、チントウ、クーサンクー大、五十四歩。 まだまだクーサンクー大と五十四歩は技が曖昧なところがあります‥。 14時から古武道稽古会! □棒 ・その場基本 袈裟打ち、水平打ち、すくい打ち、下段打ち 下段打ち→袈裟打ち 腕だけで振らない、脇を締めて全身を使って振れるように ・移動 袈裟打ち、水平打ち、すくい打ち 移動時の棒の持ち替えが

3月19日(日)渋谷道場稽古録

今回は前回の矢口代表講習会復習Day!! 時間をかけて皆で復習をすると発見や、新たな疑問が出てきて楽しかったです。 ・基本 四股足立ち突き ナイファンチ立ち受け 今日はまず突きをして、突き終わったところから受けへと変化させる練習、さらにそこからの受けの練習。夫婦手に繋がる動きですね。 ・ワン・ツー・スリー ミットをつけてワン・ツー・スリー 同じリズムでワン・ツー・スリーを様々なバージョンで。 さら

bottom of page