top of page
  • 管理人

2月6日渋谷道場稽古録

更新日:2022年3月30日

まん延防止重点措置により、渋谷の週末の道場が利用できないため北区滝野川体育館で稽古でした。

今日は2コマ部屋が空いていたので、急遽本稽古前に自主稽古会も開催!稽古に燃える生徒が参加。

私は久々に棒やトンファーの武器を稽古。コロナ禍になってからまともに稽古できたなかったので2年ぶりにかもしれません…💦でも最近の身体の使い方を武器にも応用するとより威力が出るようになったのが感じれたのでよかった。いかに腕だけで振るのではなく全身で武器を扱うかが大事!

その後はみんなで型の分解をいくつも練習。さらに先日購入したビッグミットで突きを打ち込む!


さて、後半戦の本稽古。さらに生徒さんが増えて皆で稽古です。



・基本、突き、受け、蹴り

いかに身体を大きく使って大きな力を出すか。

軸を意識した後ろ蹴り、後ろ回し蹴り。


・基本型

身体の軸ごと移動する。手や足の動きに影響されて姿勢がブレないように。


・基本組手

ゆっくりの号令で一つ一つの動きに全力を出していく。いつものスピード、一回の号令でも同様に。


・ミット打ち

先日買ったおニューのビッグミットを打つ。型などで培った力で思いっきり打ち込めるように全力で。


・組手

自由に動いても姿勢が崩れないように。相手との間合いやポジションに意識。


・型分解

分解実演後、最後まで意識を切らさずに!


・型

今日は時間が足らずナイファンチ初段とピンアン三段のみ。次回は型をたっぷりやるぞー!



トータル五時間ほど稽古。それでもやりたい稽古がたくさんあって時間が足らないなぁ。

ヘトヘトになりましたが、おかげで今日のビールが美味い!笑


閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

1月ラスト稽古!もう一年の1/12が終わってしまう!!💦 ・基本 四股足立突き ナイファンチ立ち受け 平行立ちでの諸手突き 身体を捻ったりする動きなしに突き込んで大きな力を出す。 引き手の脇を締めて外からの突きにならないように。姿勢を崩さない。ミットに打って確認。 諸手突きの使い方。接近戦での崩しからの突き ・蹴り 五十四歩からの抜粋。 後ろ足で前蹴り、元の位置に蹴りを戻して、逆突き、順突き 二

1月20日は故横山和正館長のお誕生日でした。もし今もいらっしゃれば65歳、どんな空手を見せてくれたでしょうか。年齢を重ねても衰えない瞬撃手だったでしょうし、さらなる進化もあったでしょう。それを見ることが出来ないのが残念でなりませんが、 横山和正館長の空手を継ぐ我々が少しでも近づいてそして進化していくしかないですね! 私は2012年に入門をして2018年に館長がお亡くなりになるまで約6年間ご指導いた

新年2回目は4名での稽古。 都内は久々の雨でしたが参加してくれる方々には感謝です😊 ・基本 四股足立突き ナイファンチ立ち受け 姿勢崩さず全力で! ・その場蹴り 前蹴り、回し蹴り、横蹴り ・蹴り移動 前蹴り、前蹴り連続 前蹴り・ワンツー・前蹴り 前蹴り・逆突き・前足前蹴り 2人1組で行い、受け側は身体を入れ替えて受け下がる、そのままで受けてバックステップで下がる ・追い突き 突きの極めのときの姿

bottom of page