top of page
  • 執筆者の写真管理人

横山和正館長一周忌

2019年5月26日、横山和正館長が逝去されてから一年を迎え、研心会館メンバーにてお墓参りをしてきました。

天候は晴れ、5月とは思えないテキサスにも負けない暑さで、館長のお墓参りにはぴったり!

山に囲まれた広大な霊園の敷地に、館長のお墓はありました。矢口代表を始め、皆で館長にご挨拶を済ませました。

お墓参後は横浜にある館長お気に入りの台湾料理屋へ。館長お気に入りの、パタンやルーロー飯を目当てになんと台湾料理屋を2件はしご!!

館長へ思いを馳せながら、空手話に花を咲かせました。今回は世界古書道連盟の藍原さんをゲストに迎え、ディープな空手界の裏話をたくさん聞けました!


館長が亡くなられて一年経ちましたが、管理人自身はまだまだ実感がわきません。日本に来る間隔が長くなってるだけで、館長から「来週日本に行くからよろしく!」という連絡が来るのではとも思ってしまいます。

今回お墓参りをしても実感はまだまだ追いついていませんが、気持ち的には一区切りつく事が出来た気がします。


矢口代表を中心とした新生研心会館が館長が望んだように発展出来るよう、また自分自身が館長に少しでも近づけるよう尽力したいと、改めて思いました。


稽古頑張るぞ!!










閲覧数:96回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年7月3日(水)東京渋谷道場稽古録

7月水曜コースの研心会館東京渋谷道場は、武器術サイ強化月間 ラン、ストレッチで体温を上昇、そして研心会館の基本、突き、受け、蹴り、で体を慣らす。 そして月初は基本を重点的にチェックします。 往復移動の基本型で力の出し方を学び、基本組手で、本日はポジショニングの確認に重点を置く。 次にミット稽古、追突きをミットに突き込む。 大学伝統空手部OBの会員たちは卒業後30年以上経つにもかかわらず慣れたもの、

【復活】2024年6月30日(日)東京渋谷道場稽古録

1年以上ぶりのブログとなってしまいました。 この一年間の間に、稽古は変わらず続けながらも管理人自身は家を建てたり、引っ越したりと人生の大きな分岐を迎えておりました。 現在は群馬から毎週末渋谷に通って稽古をしております! 群馬での生活も落ち着きそろそろブログも復活せねばと思いながら時間が経過してしまいましたが、ようやく復活です!今後ともよろしくお願い致します! さて復活第一回となる6/30の稽古は古

4月22日(土)渋谷道場稽古録

本日は久々の午前中からの稽古。 本日は姿勢にフォーカスを当てて稽古。姿勢の変化で突き蹴りがどう変わるか。2軸での技のときの姿勢の影響。 身体の一部の変化が動き全体の変化へと繋がります。速く強く撃つためにも土台となる姿勢をつくることが大事! 後半は姿勢を意識してナイファンチ3つとピンアン5つをひたすら稽古! 普段午後の枠で3時間近く稽古してるので2時間はあっという間の感覚😄💦 お疲れ様でした!

Comments


bottom of page