top of page
  • 執筆者の写真管理人

リモート稽古やってます!!






2021年も早いもので間もなく1/3が終わろうとしています。しかしコロナは落ち着く事もなく、3回目の緊急事態宣言が発令されることになりそうです。


埼玉道場、鶴瀬道場は2回目の緊急事態宣言明けより道場での稽古が再開されましたが、渋谷道場では、これまで稽古で利用をしていた公共施設も利用が出来るようになってきましたが、渋谷という土地柄もあり、コロナ感染に配慮して稽古の中止を年始から続けていました。


しかし先行きも全く見えず、これ以上稽古が出来ない状況は心身ともになまってしまうため、先月リモート稽古を開催いたしました!


普段仕事では在宅勤務でリモート会議は毎日していましたが、稽古となるとみんなそれぞれの環境も異なるので、事前準備に試行錯誤!参加希望者には前日にも少しテストに協力をいただき、リモート稽古を開催!当日は私のWifi回線が切れるなどのトラブルも多少ありましたが、無事に稽古を終える事が出来ました。

やはりリモート環境下であっても、人と顔を合わせながら一緒に稽古出来るのはいいですね!基本や型など一人での稽古が豊富な空手だからこそできたかなとも感じました。もっと早く実施すればよかったな~。(もちろん、相対稽古は出来ず、研心会館の特長の一つである古武道の稽古も自宅では難しいので、通常通りの稽古とはなりませんが、、、。)


リモート稽古も現在5回終えて大分慣れてきました。リモート下でよりよい稽古はどうすればよいのか、またはどこか公園で対面稽古出来ないかな~と悩みは尽きませんが現在の環境下で可能な限り引き続き稽古していきたいと思います!





閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示

4月22日(土)渋谷道場稽古録

本日は久々の午前中からの稽古。 本日は姿勢にフォーカスを当てて稽古。姿勢の変化で突き蹴りがどう変わるか。2軸での技のときの姿勢の影響。 身体の一部の変化が動き全体の変化へと繋がります。速く強く撃つためにも土台となる姿勢をつくることが大事! 後半は姿勢を意識してナイファンチ3つとピンアン5つをひたすら稽古! 普段午後の枠で3時間近く稽古してるので2時間はあっという間の感覚😄💦 お疲れ様でした!

4月8日(土)渋谷道場稽古録 古武道稽古会

今回も13時から先に黒帯会。 アドバンスの型をやり込み。クーサンクー小、チントウ、クーサンクー大、五十四歩。 まだまだクーサンクー大と五十四歩は技が曖昧なところがあります‥。 14時から古武道稽古会! □棒 ・その場基本 袈裟打ち、水平打ち、すくい打ち、下段打ち 下段打ち→袈裟打ち 腕だけで振らない、脇を締めて全身を使って振れるように ・移動 袈裟打ち、水平打ち、すくい打ち 移動時の棒の持ち替えが

3月19日(日)渋谷道場稽古録

今回は前回の矢口代表講習会復習Day!! 時間をかけて皆で復習をすると発見や、新たな疑問が出てきて楽しかったです。 ・基本 四股足立ち突き ナイファンチ立ち受け 今日はまず突きをして、突き終わったところから受けへと変化させる練習、さらにそこからの受けの練習。夫婦手に繋がる動きですね。 ・ワン・ツー・スリー ミットをつけてワン・ツー・スリー 同じリズムでワン・ツー・スリーを様々なバージョンで。 さら

コメント


bottom of page