• 管理人

リモート稽古やってます!!






2021年も早いもので間もなく1/3が終わろうとしています。しかしコロナは落ち着く事もなく、3回目の緊急事態宣言が発令されることになりそうです。


埼玉道場、鶴瀬道場は2回目の緊急事態宣言明けより道場での稽古が再開されましたが、渋谷道場では、これまで稽古で利用をしていた公共施設も利用が出来るようになってきましたが、渋谷という土地柄もあり、コロナ感染に配慮して稽古の中止を年始から続けていました。


しかし先行きも全く見えず、これ以上稽古が出来ない状況は心身ともになまってしまうため、先月リモート稽古を開催いたしました!


普段仕事では在宅勤務でリモート会議は毎日していましたが、稽古となるとみんなそれぞれの環境も異なるので、事前準備に試行錯誤!参加希望者には前日にも少しテストに協力をいただき、リモート稽古を開催!当日は私のWifi回線が切れるなどのトラブルも多少ありましたが、無事に稽古を終える事が出来ました。

やはりリモート環境下であっても、人と顔を合わせながら一緒に稽古出来るのはいいですね!基本や型など一人での稽古が豊富な空手だからこそできたかなとも感じました。もっと早く実施すればよかったな~。(もちろん、相対稽古は出来ず、研心会館の特長の一つである古武道の稽古も自宅では難しいので、通常通りの稽古とはなりませんが、、、。)


リモート稽古も現在5回終えて大分慣れてきました。リモート下でよりよい稽古はどうすればよいのか、またはどこか公園で対面稽古出来ないかな~と悩みは尽きませんが現在の環境下で可能な限り引き続き稽古していきたいと思います!





閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示

本日は4名での稽古!怪我をしてしばらく休まれていたTさんも久々に参加!嬉しい限りです😆 ・基本突き受け ・蹴りの移動 蹴りの後の姿勢が適当にならないように、次の動きを意識。 ・基本型1-3 基本型2番の猫足立ち内受け・下段受けの際の体重移動をしっかりと意識して技を出す! ・雑誌巻藁突き 鍵突き、引き手で体を回してしまわないこと。(力が流れてしまう) ・追い突きに対して各種受け(移動しながら) ・

GW期間中の今回の稽古は武道稽古会。今回もサイ・ヌンチャク・棒の稽古です。 ・ヌンチャク 基本の振り10種類 移動: 直突き、袈裟打ち、袈裟打ち+直突き 伝統型1 腕が疲れてしまう前に、1番コントロールが難しいヌンチャクを稽古。当たるのを恐れて中途半端な振りになるより、しっかりと勢いよく振る方がヌンチャクの軌道が安定して安全です。 ・サイ 基本の突き・受け 移動: 追い突き 移動: 後屈立ち上段受

週末の稽古は参加者3名、今回はまた水曜日の復習的な稽古で、姿勢を意識した稽古をしました。 ・基本突き受け ・蹴りの移動 蹴り終わりの姿勢を意識 ・猫足立ちの移動(手刀受け、下段諸手手刀受け、下がって外受け) 身体が余計に開いたり、捻ったりしないように両肩正面のまま。 体重を真下に落とす。 ・追い突き 突きに引っ張られて身体が開かないように 両肩正面のまま真っ直ぐ進んで踏み込みと同時に突きを打つ ・