top of page
  • 執筆者の写真管理人

【復活】2024年6月30日(日)東京渋谷道場稽古録

1年以上ぶりのブログとなってしまいました。

この一年間の間に、稽古は変わらず続けながらも管理人自身は家を建てたり、引っ越したりと人生の大きな分岐を迎えておりました。

現在は群馬から毎週末渋谷に通って稽古をしております!


群馬での生活も落ち着きそろそろブログも復活せねばと思いながら時間が経過してしまいましたが、ようやく復活です!今後ともよろしくお願い致します!


さて復活第一回となる6/30の稽古は古武道稽古会でした。

午前中の稽古のためそこまで時間が取れないので、今回はヌンチャクとサイを。


■サイ

基本の突きや受け、移動稽古に約束組手、そして伝統型。重いサイを全力で振り回しても姿勢が崩れてしまわないように、しっかりと肝と腎を締めて稽古。

武器に負けない姿勢づくりが、武器稽古の一つの肝かなと思っております。

繰り返し繰り返し、身体に染み込ませるように稽古!


■ヌンチャク

すっかりサイで大半の時間を使ってしまいましたが、ヌンチャンクも型稽古。ヌンチャクの動きはぱっと見でどう動いてるのか分かりにくいので、型を覚えるのも難しい。複雑な型をこれまた繰り返し覚えるまで…!


お疲れ様でした!!



管理人


閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年7月3日(水)東京渋谷道場稽古録

7月水曜コースの研心会館東京渋谷道場は、武器術サイ強化月間 ラン、ストレッチで体温を上昇、そして研心会館の基本、突き、受け、蹴り、で体を慣らす。 そして月初は基本を重点的にチェックします。 往復移動の基本型で力の出し方を学び、基本組手で、本日はポジショニングの確認に重点を置く。 次にミット稽古、追突きをミットに突き込む。 大学伝統空手部OBの会員たちは卒業後30年以上経つにもかかわらず慣れたもの、

4月22日(土)渋谷道場稽古録

本日は久々の午前中からの稽古。 本日は姿勢にフォーカスを当てて稽古。姿勢の変化で突き蹴りがどう変わるか。2軸での技のときの姿勢の影響。 身体の一部の変化が動き全体の変化へと繋がります。速く強く撃つためにも土台となる姿勢をつくることが大事! 後半は姿勢を意識してナイファンチ3つとピンアン5つをひたすら稽古! 普段午後の枠で3時間近く稽古してるので2時間はあっという間の感覚😄💦 お疲れ様でした!

4月8日(土)渋谷道場稽古録 古武道稽古会

今回も13時から先に黒帯会。 アドバンスの型をやり込み。クーサンクー小、チントウ、クーサンクー大、五十四歩。 まだまだクーサンクー大と五十四歩は技が曖昧なところがあります‥。 14時から古武道稽古会! □棒 ・その場基本 袈裟打ち、水平打ち、すくい打ち、下段打ち 下段打ち→袈裟打ち 腕だけで振らない、脇を締めて全身を使って振れるように ・移動 袈裟打ち、水平打ち、すくい打ち 移動時の棒の持ち替えが

Comments


bottom of page